熊谷俊人・千葉市長と懇談の場をもちました

7月 17th, 2013 by tarusawa Leave a reply »

同窓会長の足澤公彦です。
熊谷俊人・千葉市長とお話をいたしました。
藤井政丞(副会長・第10期)、太田晴美(事務局長・第5期)も同行しました。

同窓会を取り巻く現状や、私たち役員が描いている構想をお話ししました。
「 同窓会が機能していない千葉市内の公立学校の現状を変えていきたい」
と熊谷市長は仰いました。

学校にとって任意団体にすぎない同窓会に対するニーズの高まりや、
個人情報の取り扱いやさまざまな考えを持った卒業生を束ねながら同窓会を守っていくことの難しさについて、
熊谷市長は熟知されており驚きました。

稲毛高校同窓会が近日中に発売する同窓会の特製Tシャツをご覧いただきました。
「このような取り組みが盛んに行われ、稲毛高校の部活動支援等に活用されるのは大歓迎です。
学校と協力しながら販売していけるよう教育委員会にも話をしておきます」
とコメントしていただきました。

同窓会から、記念に、このTシャツをプレゼントさせていただきました。

市役所や警察署、消防署、学校など公務員として働いている
稲毛高校卒業生の横のつながりを千葉市役所と共同で作っていければといった話も出ました。

今後、同窓会は、熊谷俊人千葉市長と定期的に懇談させていただき、
よりいっそう同窓会活動を活発に展開していきたいと思っています。

Advertisement

Comments are closed.