第10代事務長・江澤慶子さん、ありがとうございました

5月 17th, 2010 by tarusawa Leave a reply »

稲毛高校で5年1か月にわたって事務長を勤められてきた江澤慶子さんが5月1日付で千葉市教育委員会へ御栄転されました。

 

 

 

第10代事務長 江澤慶子さん。在任期間も歴代最長でした。

第10代事務長 江澤慶子さん。在任期間も歴代最長でした。なぜグラスを持っていらっしゃるのでしょうか?その理由は最後の写真を見ればわかります。

突然の知らせに耳を疑いました。しかもあまり聞いたことのない時期の異動のお話に茫然となりました。

 

いつかは千葉市教育委員会に異動されると覚悟していましたが、しかし、それは「いつか」であって「いま」であってほしくなかったのです。

 

目下、同窓会の活性化プロジェクトが展開中ですが、このプロジェクトにとって、江澤慶子さんは、なくてはならない存在だったのです。

 

 

 

同窓会も育友会も、その活動を進めていく際に事務長の存在は非常に大きいものです。

 

稲毛高校同窓会の活動が最近大変潤いあふれる会になってきたのには、ひとえに江澤慶子さんのおかげでした。

 

昨年の創立30周年記念事業が無事完遂できたのは、微に入り細にわたり懇切丁寧に御指導いただいたからです。沈着冷静で親身のご指導は、事務方トップとしてのご経験の豊富さもありますが、私たち卒業生よりも稲毛高校を心から愛されているということのあらわれだったに違いありません。

 

 

 

先生方と比べると、事務室で働いておられるスタッフとは、在校中なかなかコミュニケーションは育めないものですが、江澤慶子さんは、そのニコニコ顔のせいでしょうか、多くの稲高生たちに“事務長先生”として親しまれてきました。

 

第26回生(今から3年前に卒業した人たち)から第32回生(今年の4月に入学した人たち)にとっては忘れられないお顔のはずです。

 

 

 

学校がお休みの日でも、登校され校務に専心されておられる姿をたびたび拝見しました。

 

そういう日の、ラルフ・ローレンの洋服をサラリと着こなしておられる江澤慶子さんは、若輩者の私には、まぶしく輝いて見えて、多くを学ばせていただきました。笑顔って、本当に大事ですね!

 

 

 

今春。新学期が始まる直前のこと。私は、育友会主催のペンキ塗りに参加させていただきました。

 

創立以来ずっとそのままだった校内のお手洗いは、汚損が大変目につくようになっていたのです。

 

少ない予算のなかでなんとかならないか…。育友会の皆さんが出された結論は「自分たちで塗ってしまおう」というものでした。

 

 

 

写真一番右が江澤さん。重ね塗りをすべきかどうかチェックされています。

写真一番左が江澤さん。重ね塗りをすべきかどうかチェックされています。

同窓会から参加した2名と母校管理職の人たちに割り当てられたのは2階職員来賓用お手洗いでした。

 

私は慣れない作業で顔も身体もひきつりましたが、そんなときでも江澤慶子さんはニコニコしながらペンキ塗りを続けていらっしゃいました。

 

ペンキ塗りの後、会議室にて。まさに“ザ縁の下の力持ちオブ稲毛高校”です!

ペンキ塗りの後、会議室にて。まさに“ザ縁の下の力持ちオブ稲毛高校”です!

その日予定していたペンキ塗りが終了し、これで帰宅できる、ゆっくりお風呂に入りたい、と思いきや、終了どころか、江澤慶子さんは率先して、会議室に集合された保護者の皆さんにケーキとお茶をふるまいながらねぎらいの言葉をかけ続けていらっしゃいました。

 

ペンキ塗りが終わって。エプロンについたペンキがいい思い出です!(左は吉田晴美会長代理)

ペンキ塗りが終わって。エプロンについたペンキがいい思い出です!(右は吉田晴美会長代理)

仕事の早さと濃さ、とっさの気転、細心の配慮、そしておもてなしの心に、こころから敬服したのでした。もっともっと江澤慶子さんと一緒に仕事をさせていただきたかったです。

 

 

 

同窓会の役員で話し合いをして、江澤慶子さんに“稲毛高等学校同窓会永久名誉会員”として感謝状をお贈りさせていただきました。

 

 

 

突然の決定でしたので、離任式もなく…。石井教頭先生(左から2人目)、中山中等部副校長(右から2人目)、福原教頭先生(一番右)とささやかな感謝状贈呈式を行いました。

突然の決定でしたので、離任式もなく…。石井教頭先生(左から2人目)、中山中等部副校長(右から2人目)、福原教頭先生(一番右)とささやかな感謝状贈呈式を行いました。

御活躍の場が5月6日からは千葉市教育委員会に移り変わりましたが、ご健康に留意されて一層ご栄進されますことをお祈り申し上げます。

 

右は、第11代事務長に就任された土屋輝昌さん。土屋事務長、は大の巨人ファンだとか…

右は、第11代事務長に就任された土屋輝昌さん。土屋事務長は大の巨人ファンだとか…

飛翔祭や今後スタートさせようと現在企画中の同窓会のイベントでまたお目にかかることを楽しみにいたしております。

 

ビールが大好きな江澤さん。江澤さんとビールを飲みましょう!飛翔祭の後にでも!

ビールが大好きな江澤さんとビールを飲みませんか!7月開催予定の飛翔祭の後にでも!

飛翔祭等で江澤慶子さんに遇われましたら「事務長先生!」でなく「江澤さん!」と気軽に声をかけてくださいネ。私たち同窓会の、永久名誉会員でいらっしゃいますから…。(執筆:吉田晴美・第5回生・同窓会会長代理)

Advertisement

3 comments

  1. ひろなか志づこ より:

    江澤前事務長とは一度だけご一緒させていただきましたが
    周囲を照らすような笑顔と、
    肩書きの印象とは違った、元気でフレンドリーな空気をお持ちの方だな~と感じておりました。

    もっとお話をさせていただきたかったです。

    長い間、稲毛高校のために、生徒達のために、
    卒業生達のために、
    そして母校に係わっている人達みんなのために
    ご尽力くださって、本当にありがとうございました。

    新しい職場での、益々のご活躍を心から応援させていただきます!

    それと・・・

    ぜひ一緒にビール、よろしくお願いします!!

  2. 菅田あつし より:

    28回生の自分は、江澤事務長にお世話になった生徒のひとりです。
    稲毛高校のために長い間のご尽力ありがとうございました。

    20歳になったら、ぜひビールをご一緒させていただきたいです。

  3. モトユモト より:

    私も江澤前事務長とはたった一度だけ、ご一緒させていただいたことがあるのですが、気さくで、それでいてとても心配りのある素敵な方でした。稲高のためにご尽力いただいていたのに、急な異動で、とても残念ですが、永久名誉会員ということなので、是非、これからも稲高を見守っていただけたらと思います。
    長い間、ありがとうございました。