吉田晴美の同窓会活動雑記 第1回「『奇跡の居酒屋ノート』を見に新橋へ」

6月 1st, 2010 by tarusawa Leave a reply »

今日から6月1日。衣替えです。

本日より新たな連載が加わります。

執筆者は、第5回生の吉田晴美さん。旧姓は太田晴美さん。ソフトボール部で、6番レフトだったそうです。

千葉県内の公立高校で保健室の先生として多忙な日々を送るなか、

そりゃ、もう、献身的に、同窓会の副会長として同窓会会長代理を務めてくださっています。

 

ある日、吉田さんがこんな言葉をつぶやきました。

「同窓会の活動をやっていて、やっと最近、その面白さがわかってきました。たくさんの同窓生との出会いがあって、様々な分野で活躍している同窓生からものすごい刺激を受けています。私だけでいいのかなぁ。この感動を多くの人たちに伝えてみたいなぁ」

ならば、ということで、連載をお願いした次第です。

テーマは?と訊かれましたので、ご自由にどうぞ、とお答えしました。

あるときは、同窓生の立場から書かれるかもしれません。

別の機会には、教師の立場から書かれるかもしれません。

主婦の立場からだったり、母の立場からだったり、ひとりの女性としての立場からだったり…。

吉田さんは多忙でありながら、活動的で、精力的に同窓会活動のためどこへでも出かけていきます。

連載第1回目の記事のために、今回、わざわざ新橋へ行かれたそうです。

それでは、吉田晴美の同窓会活動雑記 第1回「『奇跡の居酒屋ノート』を見に新橋へ」をお読みください。

 

 

新橋にある居酒屋さん「有薫酒蔵」に行ってきました。

このお店、もともとは九州の郷土料理で有名でした。

ところが最近では「同窓会ノート」があるお店として大変なにぎわいのお店になっています。

NHKやフジテレビの情報番組で取り上げられてから、予約も入れにくいお店になってしまっています。

 

同窓会ノート?

このお店には、1200冊を超える同窓会ノートがあるのです。北は北海道から、南は沖縄まで。

私立、公立を問わずに、同じ学校で学んだ者がメッセージを書き込めるノートが置いてあるのです。

 

稲毛高校もあるかしら?

それを確かめてみたくて、行ってきました。

 

稲毛高校用のフォルダーがありました!

稲毛高校用のフォルダーがありました!

ありました!

第491番。

491番目に、このお店の「同窓会ノート」として登録されていました。

 

第491番のノートには、なんと校章も貼ってありました!

第491番のノートには、なんと校章も貼ってありました!

誰が、どんなメッセージを書いているのか、とても気になります。

ページをめくってみましょう。

第6期生の人が友人と来店したようです。

第6期生の人が友人と来店したようです。

 

第10期生もいます。

第10期生もいます。

 

名刺を貼って行く人が多いようです。

名刺を貼って行く人が多いようです。

 

阿久根先生が知ったら、きっと大喜びするんじゃないかなぁ

阿久根先生が知ったら、きっと大喜びするんじゃないかなぁ

 

中川先生や加藤先生も登場します。

中川先生や加藤先生も登場します。

 

朋友館から見える、いなげの浜の夕景…。同じ光景を見ているという感動…。

朋友館から見える、いなげの浜の夕景…。同じ光景を見ているという感動…。

 

このノートに書き込むと、次に誰が書きこんでいるのか、また見に来たくなります。

このノートに書き込むと、次に誰が書きこんでいるのか、また見に来たくなります。

 

このお店では、感動の出会いやドラマがたくさんあるようで、そのことをテレビでは取り上げていたのですが、

感動のストーリーが、1冊の本にまとめられて出版されました。

タイトルは、『奇跡の居酒屋ノート』(洋泉社刊)

こちらで注文できます。 →  http://www.amazon.co.jp/%E5%A5%87%E8%B7%A1%E3%81%AE%E5%B1%85%E9%85%92%E5%B1%8B%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88-~%E5%85%A8%E5%9B%BD1200%E9%AB%98%E6%A0%A1%E3%81%AE%E5%8D%92%E6%A5%AD%E7%94%9F%E3%81%A8%E5%A5%B3%E5%B0%86%E3%81%8C%E7%B4%A1%E3%81%90%E7%89%A9%E8%AA%9E-%E6%9D%BE%E6%B0%B8-%E6%B4%8B%E5%AD%90-%E6%96%B0%E6%A9%8B%E3%83%BB%E6%9C%89%E8%96%AB%E9%85%92%E8%94%B5%E5%A5%B3%E5%B0%86/dp/4862484743

 

編者の松永洋子さんと。店頭販売第1冊目!記念にサインをしていただきました!

編者の松永洋子さんと。店頭販売第1冊目!記念にサインをしていただきました!

このお店の女将である松永洋子さんが無数にある感動ストーリーの中から、思わずホロッとするものを選ばれて本にまとめました。

この本のことは、第2回生のUさんかも情報が寄せられて、このブログで取り上げたらとリクエストいただきました。

 

この本に第1回生の栗林さんが登場しています。御連絡してみようっと。

この本に第1回生の栗林さんが登場しています。御連絡してみようっと。

栗林さんの文章は、お店と御本人が許可してくださったら、このブログに転載させていただきたいと思っています。涙なしには読めませんでした。

 

実は、稲毛高校の同窓会ノートの中に、胸が熱くなるページを見つけました!

 

実名を公表したいのですが…。ぜひ御本人たちにお目にかかりたいものです。

実名を公表したいのですが…。ぜひ御本人たちにお目にかかりたいものです。

稲毛高校同窓生どうしの結婚…。もう結婚されて一緒に生活されているのでしょう。末永くお幸せに!

このブログでも、稲毛高校生どうし夫婦になった二人を紹介してみたいです。

 

機会を作って、ぜひ一度、有薫酒蔵へ行き、おいしいお酒を飲みながら、稲毛高校のノートをめくってみてください。

せっかくですから、メッセージの書き込みもお忘れなく!

 

有薫酒蔵

東京都港区新橋1-16-4 りそな銀行ビル B1F

電話番号 03-3508-9296

営業時間 昼:11:30~13:30 夜:17:00~22:30(フードLO22:00) 土曜日:16:30~22:00(フードLO21:30)  

定休日 日曜・祝日

ホームページ http://www.shinbashi-yukun.com/

Advertisement

13 comments

  1. ken より:

    こういうお店あるの知りませんでした。
    ノート読んでいるだけでボトル一本空けてしまいそうですねw
    時間作って一度行ってみたいと思います!

  2. Yuu より:

     三枚目に掲載された写真のノートが作成された際、同席していた第6期生です。
     あれから、もう一年経つのですね。その後、どんな同窓の方が書き込まれて
    いるのか、またお邪魔したいです。

  3. テクテク より:

    僕らの年代(私は13期です)の近辺の方も登場してますね。
    私の代でも、稲高同士で愛を実らせたカップルがチョコチョコいます。素敵ですよね~♪

    今は神戸に転勤になったばかりで、千葉には夏まで帰れませんが、夏休み…同窓生で飲むのも良いですね~

  4. 植松拓也 より:

    この本を、書店で手にしてタイトルを見たとき、お酒大好きな私は、旨い肴と、酒の話でも書いてあるのかと思いきや、目次をみてびっくり。
    なんと我が母校の名が。
    そこで、私はクラスメイトだった編集長に
    ブログでこの本を紹介してくださいとお願いした次第です。
    いつかこのお店で、飲み会をやりたいですね。

  5. 植松拓也 より:

    書店でこの本を手にして、タイトルを見た時、
    お酒大好きな私は、旨い肴と酒のことを
    書いてあると思いきや、
    目次を見るとなんと我が母校の名が。
    そこでクラスメイトだった編集長に
    ブログで紹介して下さいとお願いした次第です。
    いつかこのお店で飲み会やりたいですね。

  6. ひろなか志づこ より:

    部活の後輩の記載も!
    担任の先生だった名前も!
    ペラペラとめくっていたら、同期も発見できそうです。

    私の場合は、もちろん、ビールが進みそう。
    枝豆とこのノートがあったら、何杯飲めるのだろう。(´▽`)~♪

  7. 1回生平野クラス~暁の勇者~ より:

    今日の記事の中で、本当に懐かしい名前が出てきて、びっくりしました。
    1回生の栗林哲哉さんです。
    一年生の時のクラスメートです!

    栗林さんの記事の乗っている紹介されていた本を注文してしまいました。

    とにかく、平野クラスの仲間は男女問わず仲良くて最高の仲間達です。

    クラス会でもやりたいですね。

  8. 菅田あつし より:

    自分もお酒が飲める年齢になったら、ノートを読みながらお酒を飲みたいです。

    早く20歳にならないかなー

  9. ひろなか志づこ より:

    >菅田あつしさま。

    大人って、いいよ~ん♪
    堂々と飲めるから。

  10. 蛙兎 より:

    新橋飲んだくれなんで有益な情報ありがとうございます。
    次回いってみたいと思います

  11. 毎野あかね より:

    初めまして。7期生です。こんなノートあるんですね♪ぜひ、今度同期と飲みに行きたいです(^-^)

  12. 吉田晴美 より:

    みなさんコメントありがとうございます。反響の多さにわれながら驚いています。思い立ったら行動あるのみをモットーに活動中の吉田ですが、お店に行ったとき、実は満員でお酒を飲みながらノートを見ることができなかったのです。「千葉からノートの存在を知ってきたんです」と女将さんにお話したら、「席は満席でご準備できないけれどノートをご覧になるのはかまいませんよ」といっていただき、ノートを読ませていただいたのです。やさしい女将さんに感謝!!
    今度は、予約をして席に着きノートを読みながら、時を過ごしたいと思っています。
    行ってみようと思われた皆さん、予約をしてお出かけくださいね。

  13. モトユモト より:

    素敵なお店、女将さんですね。
    知らないところで、稲高同窓会が繰り広げられていたんですね。
    是非、稲高同窓生同志で訪れてみたいと思います。
    本も、読んでみよっと!!